7/29/2018

ニューリリース : ブラジル『マカウバ・デ・シーマ農園』

当店の加盟しているLCFと最初にパートナーシップを結んだ、優良農園のニュークロップが入荷しました。
一昨年はナチュラル、昨年はボイアを販売しましたが、今回はウォッシュト精製のコーヒーです。

ミナスジェライス州にあるセラード地域は、ブラジルの中では標高が高く、寒暖差の生じるエリアです。また雨季と乾季がはっきりしており収穫時期に雨が降らない等、コーヒーを生産する上で非常に恵まれた環境といえます。

カカオやナッツのような香ばしさと豊かなコクは、ブラジルのセラードらしい香味と言えますが、この農園の特筆すべき点は、一般的なブラジル・コーヒー特有の重たさや濁りを感じさせないクリーンな飲み口です。
そのソフトな触感は非常に上品で、熟した甘味が心地良く残ります。

シティでもフレンチでも、高品質なブラジルのキャラクターをしっかり感じていただけるはずです。

本日よりシティ・ローストフレンチ・ローストにて、それぞれ販売いたします。

産地 : ミナスジェライス州 セハード(セラード)エリア パトロシーニョ市
標高 : 1,000m
品種 : ブルボン
精製 : ミューシレージを機械的に除去したウォッシュト

















EBONY COFFEE ebonycoffee エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 世田谷

7/10/2018

ニューリリース : ルワンダ『ムガンザ・ステーション "ニャミラマ"』

ケニア、エチオピア、タンザニア等、世界屈指の優れた生産地として知られる東アフリカ、その内陸地ルワンダの上質なコーヒーです。

ルワンダのコーヒー豆栽培は、農園ではなく小農家が基本で、それをステーションに持ち込み精製される仕組みです。しかしそのステーションでさまざまな地域のチェリーや、さまざまな品質のチェリーが混ぜられてしまうこともあります。
そこでコーヒーを栽培しやすい土壌を有し、かつコーヒー栽培への意識が高い生産者がリーダーシップをとっている集落を選抜し、その集落のチェリーだけを使用して、LCFのための特別仕様で生産してもらいました。
今回リリースするのは、ンザバムウィタ・ビンセント氏を中心とした12農家が協力し生産した、『ニャミラマ集落』のコーヒーです。

花のような香りが心地良く、ソフトでクリーン、チェリーのような甘味があり、花の蜜を思わせるアフターも印象的です。
ベーシックなブルボンの香味も感じることができます。

「千の丘の国」と形容されるほど、たくさんの丘陵地帯の絶景が広がる、美しい国ルワンダの豊かな味わいをぜひご堪能ください。

本日よりシティ・ローストにて販売致します。

産地 : 南部州 ニャマガベ郡 キビリジ市 ブガルラ地区 ニャミラマ集落
標高 : 1,850m~2,000m
品種 : ブルボン
精製 : ウォッシュト







EBONY COFFEE ebonycoffee エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 世田谷