9/09/2021

【9月16日】臨時休業のお知らせ

平素よりEBONY COFFEEをご愛顧いただきありがとうございます。

さてまことに勝手ながら、9月16日(木)は臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑おかけしまして大変恐縮ですが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

9/04/2021

ニューリリース : ペルー『フェスパ農園』イエローブルボン

コーヒー生産地として豊富な環境を持つ南米の中でも、ブラジル、コロンビアに次ぐ生産量を誇るペルーですが、コーヒー・ブランドとしての知名度は、まだ確立されているとは言えません。
多くは山奥の産地で栽培され、インフラの整備不足などの要因もあり、その大部分は汎用品です。
そんな中『フェスパ農園』は、ペルーの農園などでよく見られるさび病の被害などとは無縁の、非常に標高が高く、急斜面ながらキレイに区画整理された、すばらしいカップを実現した農園です。

ブラッドオレンジのような華やかな酸、甘い余韻と心地良い口当たり(粘性)が印象的な、明るくバランスの良い、飽きのこないマイルドな香味です。

1960年に設立されたフェスパ農園、3代目にあたるWilder Garcia氏は、自らの希望で18歳の時にエクスポーター主催の農園指導員研修に応募し、農園管理について学びました。
実家の農園でその内容を実践し、生産性・品質双方で飛躍的な向上を実現したため、現在では農園指導員の一人として活躍するとともに、フェスパをモデル農園(※)として開放し、他の生産者が直接訪問し学べる場所としています。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : カハマルカ県 ハエン郡 ウワバル地区 ウアコ
標高 : 1,700m~2,000m
品種 : イエローブルボン
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

※モデル農園 : 高齢の生産者は木を切らないという慣習を持っていたり、セミナーや指導だけでは実践に踏み切る農家が少ないため、推奨農法を実施している農園を指定。剪定や施肥、どういった樹間で植えるかシェードコントロール、収穫から乾燥をどのように行うかなど、実際に見て結果を確認してもらうことで、農家が納得し実施できることを目的としています。実際Wilder氏は剪定やカットバックを行い、生産性の改善を行おうと父親のOracio氏に相談しましたが反対…。話し合いの末1haを試験的に実施し、効果を確認できると農園全体に対し行うことを実現しました。現在Wilder氏は200農家を担当していますが、知識と実績を兼ね備えていることで、若いながらも高い評価と信頼を得ています。
















EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

9/02/2021

ニューリリース : 季節のブレンド『ビストロ』

好評をいただいておりました夏のブレンド「サニー」にかわる、季節のブレンドの登場です。

『ビストロ・ブレンド』フルシティ・ロースト。

ディナーのあとに飲みたくなるコーヒーをイメージして作りました。
華やかな香りに豊かなコク、フルーティーなアフターテイスト。

まさに食欲の秋にピッタリの、旬の良質な豆をたっぷりと使用したとても贅沢な味わいです。
 ここまで果実味を感じられる深煎りは、なかなか体験できないと思います。

本日より販売いたします

EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

8/16/2021

ニューリリース : コロンビア『クンディナマルカ』

コロンビアといえば、広い国土にそれぞれの個性を持つコーヒー産地が数多く存在します。
当店ではこれまで南部のナリーニョ、ウイラ、カウカ、トリマ、北部のノルテ・デ・サンタンデール等々、さまざまなエリアで生産されたコーヒーを取り扱ってまいりましたが、こちらは中部クンディナマルカのマイクロロットです。

シティではオレンジ系の柑橘の果実味が華やかに広がり、完熟の甘味が余韻として残ります。フレンチは豆質も硬くしっかりとしたボディ感があり、どちらのローストもクリーンでバランスの良い、飽きのこないマイルドな香味です。

本日よりシティ・ローストフレンチ・ローストにて、それぞれ販売いたします。

産地 : クンディナマルカ県
品種 : カトゥーラ、カスティージョ
精製 : ウォッシュト

EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

8/05/2021

夏季休業のお知らせ

平素よりEBONY COFFEEをご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

8月10日(火) 
8月17日(火)

以上の2日を、夏季休業とさせていただきます。
なお水曜定休は変わりません。

ご不便をおかけしまして恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

7/30/2021

ニューリリース : ケニア『カラトゥ・ファクトリー』

世界屈指の良質なコーヒーを誇るケニア、前回のガトンボヤ・ファクトリーはニエリ産のコーヒーでしたが、当店で6シーズン目の取り扱いとなる『カラトゥ・ファクトリー』は、首都ナイロビの北に位置するキアンブ産のコーヒーです。

50年以上前に設立された伝統あるファクトリーで、800名のメンバーが所属、その内の700名の農家が実際に活動しています。

シティ・ローストはラズベリー、グレープフルーツ、完熟トマトなどのジューシーな果実味、フレンチ・ローストはカシスやアプリコットのような濃厚な甘味のコーヒーに仕上がっています。
そしてコク豊かなマンゴーのような滑らかな舌触りと余韻を存分に感じることができる贅沢な香味です。

これほどまでクリーンでシルキーな口当たりが際立っている上品な味わいのコーヒーには、なかなか出会えないでしょう。
これぞ「ケニア・フレーバー」だと感じることのできるすばらしいカップクオリティーです。

本日よりシティ・ローストフレンチ・ローストにて、それぞれ販売いたします。

産地 : キアンブ郡(カウンティ) Gatundu South地区 Ndarugu
標高 : 1,883m
品種 : SL28・SL34(99%)、Ruiru11(1%)
精製 : 発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト







EBONY COFFEE スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 世田谷 オンラインショップ 通信販売

7/03/2021

ニューリリース : エチオピア『ベンチ・ネンカ』ウォッシュト

エチオピアのスペシャルティコーヒーといえば、フルーティーで個性的な香味が印象的ですが、今回はグジのハンベラ・ウォレダ(=市・町・村)で生産された、素晴らしいカップクオリティーを持つコーヒーをお届けします。

精製するW.S.(ウォッシング・ステーション)の経営者であるメクリア・メルガ氏は、イルガチェフェタウン周辺出身で、若い頃からコーヒーの流通に関わってきた人物。品質を向上させるには自身でW.S.を持つ必要があると考え、グジとイルガチェフェにW.S.の設立を実現しました。
農家やチェリーの集売業者からの信頼も厚く、輸出業者から「高品質なコーヒーを産出するステーション」として知られています。

まずアロマを嗅いだだけで、一瞬でフルーティーな華やかさを感じ取ることができます。
柚子やマスカットのような濃厚な果実感、柔らかく滑らかな口当たり、ウォッシュト精製ではあまり感じることのできないイチゴのような甘味も特徴のひとつです。

幅広く多くのかたに愛されるであろう、優れたキャラクターと飲み心地の良さを兼ね備えたコーヒーです。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

生産者 : ベンチ・ネンカの農家
産地 : オロミア州 グジゾーン ハンベラウォレダ ベンチ・ネンカ地区
標高 : 1,850m~2,200m
品種 : 在来品種
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト



EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト

7/01/2021

ニューリリース : エチオピア『ウォルカ "クレイウォット集落"』ナチュラル

世界のナチュラル・コーヒーの大本命といっても決して過言ではない、当店シングルオリジン「人気No.1」のイルガチェフェ、こちらは前回の「ハロハディ集落」同様、その最南東部に位置するゲデブにて生産されました。
イルガチェフェで最高の品質を誇る「ウォルカ・ウォッシング・ステーション」が手がけた、珠玉のナチュラル・コーヒーです。

そしてうれしいことに、今回も特定の集落のみで厳選された特別ロットです。高品質なチェリーを生産する『クレイウォット集落(※)』で収穫されたものだけを選択し、ウォルカW.S.に持ち込み、精製されました。
イルガチェフェで集落指定ロットが実現したのは非常にレアなことで、より豊かな個性が形成され、他のコーヒーでは決して体験できないほどのレベルに仕上がっています。

まずプルーンのような熟した甘味が強烈です。独特のイチゴやブルーベリーの濃密な果実感は健在!圧倒的なフレーバーのフルーティーさに、衝撃と感動をもたらしてくれること間違いなしです。芳醇な赤ワインのようなジューシーなアロマが、いつまでも余韻として心地良く残ります。
良質なナチュラル精製の生み出す完熟のフレーバーと、エチオピア独特のキャラクターとの組み合わせは、まさに奇跡の香味と言えます。

イルガチェフェは優れたコーヒー産地として有名ですが、ここまで明確な果実味を感じるコーヒーにはなかなか出会うことができません。
産地の曖昧な「モカ」はもちろん、一般的に流通している「エチオピアG-1」とは一線を画す、一度飲んだら忘れられないキャラクターの明確なコーヒーです。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : 南部諸民族州 ゲデオゾーン ゲデブウォレダ ウォルカ地区 クレイウォット集落
標高 : 約2,250m
品種 : 在来品種
精製 : ベッド乾燥ナチュラル

※クレイウォット集落
2018年12月にLCFがウォルカW.S.を訪問した際に、トレーサビリティをより明確にすべくチェリーを買い付ける範囲を徹底して取材した結果、ウォルカの11Villageとその隣接する4つのKebele(地区)からチェリーが持ち込まれている ことが分かりました。さらにW.S.の従業員にも聞き取りを行い、標高やW.S.との位置関係を確認。最終的に集落を指定したロットの生産を約束してくれました。 その際に選ばれたのが、一昨年当店でもウォッシュト精製で取り扱った「ハロハディ集落」。LCFとしては初めてのエチオピア集落指定商品となりました。 そして昨年さらに取材を進め、「クレイウォット」「アダメ・マゾリョ」「ウォレインチニチャ」も非常にポテンシャルが高いと判断し、「ハロハディ」とともにこれらの優れた4集落をはじめとするウォルカ周辺の可能性をさらに探っていく予定です。ちなみに「クレイウォット」は、ウォルカW.S.の西側に位置する、非常に標高の高い地域にあります。







 
EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

6/22/2021

ニューリリース : インドネシア『リントン・マンデリン "オナンガンジャン"』

不動の人気を誇る、マンデリンのニュークロップが入荷しました。

高品質なマンデリンを生産するリントン地区、中でもトバ湖のすぐ南に位置する「リントンニフタ」、その西に位置する「ドロクサングル」、さらにその南にある「オナンガンジャン」の3地域は、非常に良質な栽培地として有名です。
本商品はオナンガンジャンで生産された、稀少なクラシック・スマトラ(※)のコーヒーです。

一般的に流通しているマンデリンのような重く濁った苦味はなく、フローラルな甘い余韻が持続します。また他のスペシャルティ・マンデリンとは明らかに異なるクリーンさが際立っています。

まるで深い森林にいるような独特の香り、ハーブのアロマとトロピカルフルーツの甘味、滑らかでクリーミーな食感、バターを浮かべたような濃厚なコク。
まさに「スマトラ式」という特殊な精製特有のカップ品質といえましょう。

そのエキゾチックで複雑な香味は、決してほかでは味わうことのできないすばらしいキャラクターを備えたコーヒーです。

本日よりフレンチ・ローストにて販売いたします。

産地 : 北スマトラ州 フンムバン・ハスンドゥタン県 オナンガンジャン
標高 : 1,400m
品種 : クラシック・スマトラ(オナンガンジャン)
精製 : スマトラ式

※クラシック・スマトラ : 1876年スマトラにおいてもサビ病が発生し壊滅的被害をもたらしたこと、その余波としてロブスタやハイブリッド品種への植え替えが進んだことで、当時スマトラで栽培されていたティピカ種は失われたと考えられていました。しかし後にスマトラ島の奥地であるトバ湖周辺において、当時栽培されていたティピカ系在来品種の生き残りが再発見されました。現地では発見地により、バーゲンダル、シディカラン、ガロンガンと呼ばれています。





EBONY COFFEE スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 世田谷 オンラインショップ 通信販売

6/11/2021

ニューリリース : 10周年ブレンド『マイルストーン』

日頃の皆さまのご愛顧のおかげで、本年6月に当店は10周年を迎えることができました。厚く御礼申し上げます。
これからもより一層香味向上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてこの度の10周年を記念して、史上最強のブレンドを創作しました。
このブレンドのコンセプトは、調和に最も重きを置くのではなく、それぞれの個性を活かした「限りなく広がりのある香味」の追究です。
どのシングルオリジンよりも豊富なキャラクターを備えた、スペシャルティコーヒーの理想形といっても決して過言ではないブレンドと自負しております。

圧倒的に鮮やかなフレーバー、アプリコットやイチジクのような熟した甘味、クランベリー、ライチ、キウイのような華やかな果実感、それでいてどっしり重厚感のあるボディは、まるで芳醇なボルドー産の赤ワインを思わせ、飲み終えたあともしばらく忘れられないほど印象的で心地よい余韻を残してくれます。
強烈な個性が融合しながらも一体感があり、温度変化によって様々な風味や触感を満喫することができる、非常に濃縮感と多様性のあるコーヒーです。

ケニア(ニエリ産)をベースに、これ以上ない贅沢な豆のみを調合し仕上げたこのブレンド(※)は、通常まずこの価格では味わうことのできない、大変お買い得なコーヒーでもあります。
6月末までの限定販売です。ぜひお飲み逃しなく!

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

※当店のブレンド・コーヒーについて
古くからブレンドといえば、ブルマンブレンドやエメラルドマウンテンブレンドなど、ベースとなる生産地の豆を決めて、そこに別の豆を加え調整していく手法がありました。しかし農作物であるコーヒー豆は、季節によって味が変化しますので、同じ豆を使い続けると当然風味もブレてしまいます。そこで当店のブレンド作りは、最初にどういう香味にするかを定め、たとえば香り、フレーバー、余韻、甘味、酸味、苦味、粘性、クリーンさやバランス等々、それらの個性を表現するための豆を季節ごとに細かく吟味し、通年変わらない安定した味を提供することに努めています。ただし今回の『マイルストーン・ブレンド』は、通常では表現し得ない明確なキャラクターを最大限に引き出すため、例外的にあえてベースの豆を選抜し、香味のブレない短期限定での販売としました



EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 通信販売

6/04/2021

ニューリリース : グァテマラ『エル・レティロ・デ・キサヤ農園』

グァテマラの主要な生産地域であるアンティグアの北側、首都グァテマラシティより約50kmに位置するチマルテナンゴの、歴史ある農園のコーヒーです。

この『エル・レティロ・デ・キサヤ農園』は、以前に当店で取り扱った『ラ・メルセー農園』と同じ生産者、ファン・ルイス・バリオス・オルテガ氏が管理しています。
農園内はきれいに区画が整備されていて、ティピカ、パチェなど、さまざまな品種のコーヒーを生産していますが、おもにブルボン種を栽培しています。

キャラメルやナッツのようなコクと甘味を感じます。個性は控えめで、優しくマイルドな飲み心地のコーヒーです。

本日よりフルシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : チマルテナンゴ県 サン・マルティン・ヒロテペケ市近郊
標高 : 1,720m~1,755m
品種 : ブルボン
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト











EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷