8/05/2022

ニューリリース : コロンビア『エル・ローブレ農園』ティピカ種

当店の加盟しているLCFの代表的なパートナーシップ農園、コロンビア北部サンタンデールのニュークロップです。
これまで南部のナリーニョ、ウイラ、カウカ、トリマ、中部クンディナマルカ等々、さまざまなエリアで生産されたコーヒーを取り扱ってまいりましたが、前回のタマ・マウンテン同様北部に位置する『エル・ローブレ農園』の稀少なティピカ種をご紹介いたします。

昼間は30度前後、夜間は10度以下という、非常に寒暖差の激しい環境下で生産されることにより、濃厚で甘いチェリーを形成することができます。
またこの農園は、栽培においてJASやUSDAの有機認証を取得しているのも特徴のひとつで、品質管理の真剣さが伝わってきます。

クリーンで滑らかな質感、黒糖やキャラメルを思わせる甘味に、柔らかな質感と濃厚なボディがあり、非常にバランスの良い優れたカップテイストです。

アラビカ種の中でも、ティピカは最も原種に近く最も古い品種のひとつです。しかし生産性が低い上、品種改良の対象となってしまったり、他の品種と混在して流通することも多く、減少の一途をたどる現状と言えます。
先述の通りティピカはコーヒーの原点のひとつとも言えますので、基準の香味を理解することが味覚を磨いていくための大切な要素です。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

農園主 : オズワルド・アセベド
産地 : サンタンデル県 ロス・サントス近郊 メサ・デ・ロス・サントス
標高 : 1,650m
品種 : ティピカ
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト






8/01/2022

夏季休業のお知らせ

平素よりEBONY COFFEEをご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

8月16日(火) 
8月23日(火)

以上の2日を、夏季休業とさせていただきます。
なお水曜定休は変わりません。

ご不便をおかけしまして恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

7/28/2022

ニューリリース : ペルー『フェスパ農園 "Wilder Garcia"』

コーヒー生産地として豊富な環境を持つ南米の中でも、ブラジル、コロンビアに次ぐ生産量を誇るペルーですが、コーヒー・ブランドとしての知名度は、まだ確立されているとは言えません。
多くは山奥の産地で栽培され、インフラの整備不足などの要因もあり、その大部分は汎用品です。

そんな中『フェスパ農園』は、ペルーの農園などでよく見られるさび病の被害などとは無縁の、非常に標高が高く、急斜面ながらキレイに区画整理された、すばらしいカップを実現した農園です。

飲み口は爽やか、ソフトな質感でバランスが良いですが、柑橘の程よい果実味が残り、心地良い口当たり(粘性)を感じつつ、最後まで濁りのない清涼感を味わうことができます。

1960年に設立されたフェスパ農園、3代目にあたるWilder Garcia氏は、自らの希望で18歳の時にエクスポーター主催の農園指導員研修に応募し、農園管理について学びました。
実家の農園でその内容を実践し、生産性・品質双方で飛躍的な向上を実現したため、現在では農園指導員の一人として活躍するとともに、フェスパをモデル農園(※)として開放し、他の生産者が直接訪問し学べる場所としています。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

生産者 : ウィルダー・ガルシア
産地 : カハマルカ県 ハエン郡 ウワバル地区 ウアコ
標高 : 1,700m~2,000m
品種 : ブルボン、ティピカ、カトゥーラ
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

※モデル農園
高齢の生産者は木を切らないという慣習を持っていたり、セミナーや指導だけでは実践に踏み切る農家が少ないため、推奨農法を実施している農園を指定。剪定や施肥、どういった樹間で植えるかシェードコントロール、収穫から乾燥をどのように行うかなど、実際に見て結果を確認してもらうことで、農家が納得し実施できることを目的としています。実際Wilder氏は剪定やカットバックを行い、生産性の改善を行おうと父親のOracio氏に相談しましたが反対…。話し合いの末1haを試験的に実施し、効果を確認できると農園全体に対し行うことを実現しました。現在Wilder氏は200農家を担当していますが、知識と実績を兼ね備えていることで、若いながらも高い評価と信頼を得ています

















7/19/2022

ニューリリース : コスタリカ『エル・ボスケ農地 "エル・セロ"』 ビジャサルチ品種

高品質な独自のコーヒーを生産するため、地域の10家族が協力し設立したロス・クレストネス・マイクロミル(※)。コスタリカ最高峰のカップクオリティを誇ることで知られています。

チリポ山西側に連なる山脈の山麓に位置するエル・ボスケ農地は、ロス・クレストネスに所属する農地の中でも非常に高い標高に位置し、この農地にある2つの区画のうちのひとつ『エル・セロ区画』にて、均一性があり熟度の高いチェリーが生産されています。

ブルボンの突然変異で矮小化した品種「ビジャサルチ」は、標高の高い場所での栽培に適しているという優れた特徴があり、高地ならではの厳しい環境、強風などにも耐える性質を持っています。鮮やかなフレーバー溢れる素晴らしいコーヒーに仕上がりました。

ジューシーなアロマ、中米のコーヒーらしい華やかさをベースに、チェリーのような熟した甘味と柔らかな粘性。上品で非常にクリーンなカップクオリティーです。
心地よく続く甘い余韻を、ぜひぜひご堪能ください。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

農地 : エル・ボスケ
区画 : エル・セロ
所有 : エルメス・カルデロン・ヒメネス
産地 : サン・ホセ州 ペレスセレドン市 リバス地区 ピエドラ
標高 : 1,830m~1,910m
品種 : ビジャサルチ
精製 : 機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

※ロス・クレストネス・マイクロミル
かつてクレストネスで生産したチェリーは良い品質でしたが、地域の農協に納入する以外販路がなかったため、量で勝負するそれほど標高の高くないチェリーと混ぜられ、「ブルンカのSHB」という商品として流通していました。生産性が良くなくても品質で勝負するため、地域の10家族が協力し『クレストネス・マイクロミル』を設立。独自の高品質コーヒーの生産に取り組み、成功を掴んだ後も常に品質向上への取り組みを続けています。ミル設立から5年後には、得た収入をもとにウェットミル設備一式を新たな機械に更新し、翌年は海外ロースターからの援助もあり乾燥場を新設。得られた収入の一部を新たな投資にまわしていることが、品質の安定・向上につながっています









7/11/2022

ニューリリース : グァテマラ『サンタカタリーナ農園 High Altitude Bourbon』

優良産地で有名なアンティグアの中でも、特に恵まれた自然環境や優れた生産技術を誇る、我々が最も信頼を寄せるLCFの代表的なパートナーシップ農園です。

サンタカタリーナは、森林区画も含め42区画に分け管理されています。
『High Altitude Bourbon』は、この優れた農園の中でも、1,600m以上に位置する19のブルボン区画で収穫されたものだけを集めたスペシャルロットです。

シティ・ローストは、柑橘系の優しい果実感とクリーンさに加え、やや硬質なボディ感があります。
フレンチ・ローストは、キャラメルのような甘味があり、深煎りにしても焦げ臭や重い濁りを一切感じさせません。
ローストポイントの幅広さも魅力のひとつで、いずれもブルボン種の長所といえるバランスの良さが活かされた、毎日飲んでも飽きないマイルドなコーヒーです。

本日よりシティ・ローストフレンチ・ローストにて、それぞれ販売いたします。

産地 : サカテペケス県 アンティグア地域 サンミゲルドゥエニャス アカテナンゴ火山 東側斜面
標高 : 1,765m~1,980m
品種 : ブルボン
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト










7/08/2022

水出しアイスコーヒーバッグ

驚くほど簡単でおいしく飲める、水出しアイスコーヒーの登場です(1袋につき、たっぷり5〜6杯分お飲みいただけます)。
ポットやサーバーなどに、コーヒーバッグ1袋(60g)と水800ccを入れ、12時間以上経ったら出来上がり!
(※上記は目安ですので、水量と抽出時間でお好みの味に調整してください。)
焙煎当日に発送いたしますので、鮮度も非常に良いです。

出来たてもすっきりおいしい仕上がりですが、そのままコーヒーバッグを2〜3日漬け込むと、リキュールのような芳醇さと粘性を愉しむことができます。
抽出後は、冷蔵庫で約1週間保存可能です。

水出しアイスコーヒーは、ゆっくり時間をかけてコーヒーのエキスを抽出するので、独特の味わいに仕上がります。
ドリップで急冷するアイスコーヒーとは異なる、口当たり滑らかで濃厚な香味を、ぜひご堪能ください。

また、大切なご友人等への贈り物や、お客様へのご挨拶などにご活用いただけるよう、お求めやすいギフトセットもご用意いたしました。

本日より各種販売いたします

なお、この水出しアイスコーヒーバッグは作り置きをしておりませんので(店頭ですぐにお渡しができないため)、基本的にはオンラインショップ限定の販売となります。
もし店頭でのお引き取りをご希望される場合は、こちらよりお問い合わせください。

以下3種のコーヒーをご用意しております。
ビター・スウィート・ブレンド(フレンチ・ロースト)
エチオピア『ウォルカ W.S. "ウレインチニーチャ集落"』ナチュラル(フレンチ・ロースト)
インドネシア『リントン・マンデリン "オナンガンジャン"』(フレンチ・ロースト)




7/03/2022

ニューリリース : ルワンダ『ガスーラW.S. "ガスーラ集落"』

ケニア、エチオピア、タンザニア等、世界屈指の優れた生産地として知られる東アフリカ、その内陸地ルワンダの上質なコーヒーです。今シーズン第二弾のリリースとなります。

ルワンダのコーヒー豆栽培は、農園ではなく小農家が基本で、それをウォッシング・ステーションに持ち込み精製される仕組みです。しかしそのステーションでさまざまな地域のチェリーや、さまざまな品質のチェリーが混ぜられてしまうこともあります。
そこでコーヒーを栽培しやすい土壌を有し、かつコーヒー栽培への意識が高い生産者がリーダーシップをとっている集落を選抜し、その集落のチェリーだけを使用して、LCFのための特別仕様で生産してもらいました。

前回は毎年恒例ンザバムウィタ・ビンセント氏を中心に生産された『ニャミラマ集落』でしたが、今回リリースするのはムカニャルワヤ・ダフローズ氏を中心とした8農家が協力し生産した『ガスーラ集落』の指定ロットです。
こちらもニャミラマ同様に、LCFと深い繋がりのある「コアカカ協同組合」に所属しています。ルワンダの中でも栽培環境として非常に恵まれている土地であり、また品質に対して意識の高い生産者が多い集落です。

柔らかな触感、フローラルな香りが心地良く、チェリーのような甘味があり非常にクリーン。花の蜜を思わせるアフターも印象的です。
ベーシックなブルボンの香味も感じることができます。

「千の丘の国」と形容されるほど、たくさんの丘陵地帯の絶景が広がる、美しい国ルワンダの豊かな味わいをぜひご堪能ください。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : 南部州 フイエ郡 キゴマ市 カランビ地区 ガスーラ集落
標高 : 1,850m~2,000m
品種 : ブルボン
精製 : 発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト