2/23/2021

ニューリリース : ルワンダ『ムガンザ・ステーション "ニャミラマ集落"』

ケニア、エチオピア、タンザニア等、世界屈指の優れた生産地として知られる東アフリカ、その内陸地ルワンダの上質なコーヒーです。

ルワンダのコーヒー豆栽培は、農園ではなく小農家が基本で、それをウォッシング・ステーションに持ち込み精製される仕組みです。しかしそのステーションでさまざまな地域のチェリーや、さまざまな品質のチェリーが混ぜられてしまうこともあります。
そこでコーヒーを栽培しやすい土壌を有し、かつコーヒー栽培への意識が高い生産者がリーダーシップをとっている集落を選抜し、その集落のチェリーだけを使用して、LCFのための特別仕様で生産してもらいました。

今回リリースするのは、毎年恒例となりましたンザバムウィタ・ビンセント氏を中心とした12農家が協力し生産した、『ニャミラマ集落』限定ロットのコーヒーです。

花のような香りが心地良く、ソフトでクリーン、チェリーのような甘味があり、花の蜜を思わせるアフターも印象的です。
ベーシックなブルボンの香味も感じることができます。

「千の丘の国」と形容されるほど、たくさんの丘陵地帯の絶景が広がる、美しい国ルワンダの豊かな味わいをぜひご堪能ください。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : 南部州 ニャマガベ郡 キビリジ市 ブガルラ地区 ニャミラマ集落
標高 : 1,850m~2,000m
品種 : ブルボン
精製 : 発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト









EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト

2/13/2021

ニューリリース : エチオピア『ウォルカ "ウレインチニーチャ集落"』ウォッシュト

当店でも大人気のエチオピア・イルガチェフェ、こちらはウォッシュト精製です。今年もナチュラル精製に引けを取らないほど個性的で良い仕上がりとなっています。
そして昨年の『ハロハディ集落』、また現在販売中のナチュラル精製『クレイウォット集落』に引き続き、今回のウォッシュトも同じウォルカW.S.の『ウレインチニーチャ集落(※)』というこの周辺で最も高品質で最も標高の高い、特定のエリアのみで厳選された限定ロットを入手することができました。

熟度の高い良質なチェリーを栽培する『ウレインチニーチャ』で収穫されたものだけを選択し、信頼できるお馴染み「ウォルカ・ウォッシング・ステーション」に持ち込み、精製されました。
昨年より当店では当たり前のように集落限定のコーヒーをお届けしておりますが、じつはイルガチェフェでこのエリア指定ロットというのは非常にレアなことで、一層チェリーが均一化され、より豊かなキャラクターを持つコーヒーを作り出すことができるのです。

フローラルな香り、白桃や洋梨のような熟した果実感、ややスパイシーなフレーバーにマスカットのような甘い余韻が長く続きます。
イルガチェフェ産のコーヒーは華やかで個性的なものが多いですが、このロットはフルーティーさもクリーンさも異次元の質感で、その複雑で多様性のある香味に魅了されることでしょう。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : 南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ ウォルカ地区 ウレインチニーチャ
標高 : 約2,250m
品種 : 在来品種
精製 : 発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

※ウレインチニーチャ集落
2018年12月にLCFがウォルカW.S.を訪問した際に、トレーサビリティをより明確にすべくチェリーを買い付ける範囲を徹底して取材した結果、ウォルカの11Villageとその隣接する4つのKebele(地区)からチェリーが持ち込まれている ことが分かりました。さらにW.S.の従業員にも聞き取りを行い、標高やW.S.との位置関係を確認。最終的に集落を指定したロットの生産を約束してくれました。 その際に選ばれたのが、昨年当店でもウォッシュト精製で取り扱った「ハロハディ集落」。LCFとしては初めてのエチオピア集落指定商品となりました。 そして本年さらに取材を進め、「ウレインチニーチャ」「クレイウォット」「アダメ・マゾリョ」も非常にポテンシャルが高いと判断し、「ハロハディ」とともにこれらの優れた4集落をはじめとするウォルカ周辺の可能性をさらに探っていく予定です。ちなみに「ウレインチニーチャ」は、ウォルカW.S.の北北西に位置する、非常に標高の高い地域にあります。
 






EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト

1/23/2021

ニューリリース : コスタリカ『モンテス・デ・オロ "ジャサル農地"』

名産地として世界的に有名なタラス、その西部に位置するレオンコルテスで生産された最高のコーヒーが入荷しました。
レオンコルテスといえば、先月大好評だったゲイシャ種でおなじみの『ドン・ホセ農地』や、『ラ・オンデューラ農地』、『ディビーノ・ニーニョ農地』、『セロ・ヴェルデ "カタリーナ"』等々、屈指のコーヒーと出会うことができる今大注目の産地です。

「モンテス・デ・オロ・マイクロミル(※)」は、コスタリカのマイクロミル・ムーブメント創世記に設立された伝統あるミルですが、『ジャサル農地』でコーヒーの栽培を始めたのは2012年です。この農地は50haと広い土地ですが、コーヒー栽培には標高が高過ぎるため、以前は半分が牧草地で半分が森でした。しかし生産者のエミリオ・ガンボア氏は、この「超高標高」という環境を活かすことで最高のコーヒーを作れるのではと考え、生産を決意しました。

予想通りこの環境下で栽培するのは苦難の連続で、低温・多湿で発生するカビの病気「フォーマ」が葉や茎に取りつき、初年度(2012年)に植えたカトゥアイ種1,000本のうち400本はすぐに枯れ、2013年、2014年に追加でカトゥアイ種を16,000本、ヴィジャサルチ種を4,000本植えるも、1年に2,000本程度は枯れてしまいました。しかしごく少量ながら収穫できたコーヒーのカップクオリティーは非常に良い出来となり、あきらめずに生産を続けていきます。その後苗や若木が冷気に直接さらされない環境を作る対策を徹底的に行い、ようやく安定した量を供給できるようになったのです。

熟した果実味と上品な質感、ドライマンゴーや蜂蜜のような甘味と粘性があり、複雑で多様性のある香味です。
冷めるとウイスキーを思わせる優雅な芳香とどっしりとした重厚感が、心地良い余韻として長く続いていきます。
上質なケニア・コーヒーのような万能な味わいと絶妙なバランス、他のコスタリカ・コーヒーでは決して感じることのできない特有のキャラクターを、ぜひぜひご堪能ください。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

マイクロミル : モンテス・デ・オロ
農地 : ジャサル
所有 : エミリオ・ガンボア
産地 : サン・ホセ州 レオンコルテス市 サンパブロ
標高 : 2,050m~2,100m
品種 : カトゥアイ
精製 : 機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

※モンテス・デ・オロ・マイクロミル
マイクロミルの先駆者として設立されたミル。「DesaCafe社」の設備を導入。ミルの管理もしっかりと行われており、古参のマイクロミルにも関わらず非常に清潔に保たれています。ある程度ボリュームが大きく、廉価な商品についてはパティオと乾燥機を用い、高付加価値商品についてはパティオとベッド乾燥で仕上げています。LCF向けは100%ベッド乾燥。これまでモンテス・デ・オロのコーヒーは某アメリカマイクロロースターがほぼ独占的に扱ってきました。一方でスペシャルティコーヒーの一大消費国である日本においても、自身のコーヒーが評価されたいという想いもあり、少量の収穫があった時とLCFが新たなコスタリカコーヒーを求めているタイミングが一致し、現地でのミーティングに繋がりました。素晴らしいカップでしたが、さらに数年かけて精度を上げ、LCF向けの商品化が実現しました。長期的な調達を行う予定です。













EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

1/08/2021

新入荷豆 : 東ティモール『レブドゥ・レテン集落』

当店で何度も取り扱っている東ティモールのコーヒー、今クロップも集落別に管理を行い精製された厳選ロットです。
今回リリースの『レブドゥ・レテン集落』は、11世帯23圃場のグループにより生産されました。

在来品種系の香味、ライムのようなさわやかな酸と、マンダリンオレンジのような甘味があり、決して派手さはありませんがソフトな触感と風味を感じることができます。
良質なハワイコナにも通ずる(というよりそれをはるかに凌駕する)華やかさとクリーンさを備えたコーヒーです。

栽培、精製の過程において、JAS認証およびUSDA認証を取得した有機農産豆です。
また日本の国際協力に携わる組織であるPWJ(ピース・ウインズ・ジャパン)が、東ティモール支援活動の一環で開発・援助した、フェアトレード(※1)のコーヒー豆でもあります。

本日よりハイ・ローストにて販売致します。

産地 : マリアナ地方 エルメラ県 レテフォホ郡 ドゥクライ村 レブドゥ レテン集落
標高 : 約1,480m
品種 : 下記(※2)
精製 : ウォッシュト

※1 フェアトレード : 貧困に苦しむ国の人々の手による生産物を、市場価格の変動によらず、公正な価格+αで長期間にわたって安定的に買い取り、生産者の自立を支えることを目的としています。

※2 品種について : 現地では次の2通りの品種があると認識されています。レブドゥ・レテン集落の各農家は、以下いずれかが混在しています。
アラビカ...ティピカ系の品種。側枝は横に広がって幹と水平に伸びています。ブロンズ色の新芽。
モカ...ブルボン系の品種。アラビカより樹勢があり、比較的葉のつきも良いです。







EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 世田谷

12/25/2020

ニューリリース : エチオピア『ウォルカ "クレイウォット集落"』ナチュラル

世界のナチュラル・コーヒーの大本命といっても決して過言ではない、当店シングルオリジン「人気No.1」のイルガチェフェ、こちらは前回の「ゴティティ」同様、その最南東部に位置するゲデブにて生産されました。
イルガチェフェで最高の品質を誇る「ウォルカ・ウォッシング・ステーション」が手がけた、珠玉のナチュラル・コーヒーです。

そしてなんと今年は、昨年のウォッシュト精製に続き、特定の集落のみで厳選された特別ロットです。高品質なチェリーを生産する『クレイウォット集落(※)』で収穫されたものだけを選択し、ウォルカW.S.に持ち込み、精製されました。
イルガチェフェで集落指定ロットが実現したのは非常にレアなことで、ナチュラル精製としては当店で扱うのもこれが初めての記念すべきコーヒーです。

まずプルーンのような熟した甘味が強烈です。独特のイチゴやブルーベリーの濃密な果実感は健在!圧倒的なフレーバーのフルーティーさに、衝撃と感動をもたらしてくれること間違いなしです。芳醇な赤ワインのようなジューシーなアロマが、いつまでも余韻として心地良く残ります。
良質なナチュラル精製の生み出す完熟のフレーバーと、エチオピア独特のキャラクターとの組み合わせは、まさに奇跡の香味と言えます。

イルガチェフェは優れたコーヒー産地として有名ですが、ここまで明確な果実味を感じるコーヒーにはなかなか出会うことができません。
産地の曖昧な「モカ」はもちろん、一般的に流通している「エチオピアG-1」とは一線を画す、一度飲んだら忘れられないキャラクターの明確なコーヒーです。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : 南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ ウォルカ地区 クレイウォット集落
標高 : 約2,250m
品種 : 在来品種
精製 : ベッド乾燥ナチュラル

※クレイウォット集落
2018年12月にLCFがウォルカW.S.を訪問した際に、トレーサビリティをより明確にすべくチェリーを買い付ける範囲を徹底して取材した結果、ウォルカの11Villageとその隣接する4つのKebele(地区)からチェリーが持ち込まれている ことが分かりました。さらにW.S.の従業員にも聞き取りを行い、標高やW.S.との位置関係を確認。最終的に集落を指定したロットの生産を約束してくれました。 その際に選ばれたのが、昨年当店でもウォッシュト精製で取り扱った「ハロハディ集落」。LCFとしては初めてのエチオピア集落指定商品となりました。 そして本年さらに取材を進め、「クレイウォット」「アダメ・マゾリョ」「ウォレインチニチャ」も非常にポテンシャルが高いと判断し、「ハロハディ」とともにこれらの優れた4集落をはじめとするウォルカ周辺の可能性をさらに探っていく予定です。ちなみに「クレイウォット」は、ウォルカW.S.の西側に位置する、非常に標高の高い地域にあります。







 
EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

12/21/2020

ニューリリース : コロンビア『ラ・パルミラ農園 "Pedro Nel Betancourt"』

コロンビア南部の名産地として名高い「ウイラ」のマイクロロット、生産者ペドロ・ネル・ベタンコート氏が所有する『ラ・パルミラ農園』のコーヒーです。

ウイラ県は東部山脈と中央山脈に挟まれた位置にあり、両山脈のスロープを中心に優れたコーヒー産地が分布しています。県最南部は両山脈がぶつかる地域で、標高に恵まれる地形のためか優れたコーヒーが多く見られます。

カシスや柑橘系の華やかかつ厚みのある果実味、滑らかな舌触り、とても豊かな味わいです。微かにケニア・コーヒーのようなフレーバーもあり、明るくバランスの良いカップクオリティーです。

コロンビアは国土面積が広大なため、産地によって多様なキャラクターを備えていますが、この『ラ・パルミラ農園』は果実感とボディ感の調和が際立った、まさにコロンビア・コーヒーのお手本のような香味と言えるでしょう。

本日よりシティ・ローストにて販売いたします。

産地 : ウイラ県 ピタル市
標高 : 1,800m~1,920m
品種 : カトゥーラ
精製 : 発酵槽工程を経るウォッシュト







EBONY COFFEE エボニーコーヒー スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 ギフト 世田谷

12/20/2020

年末年始の営業について

平素よりEBONY COFFEEをご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

2020年も残りわずかとなりました。
年内は29日まで通常営業いたします(11時〜19時)。
贈り物やお正月用のコーヒーなど、ぜひお求めくださいませ。

12月30日より1月3日まで休業、年始は4日より通常営業とさせていただきます。
オンラインショップも同様のスケジュールとなります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


EBONY COFFEE スペシャティコーヒー ロースター コーヒー豆 おいしいコーヒー 自由が丘 九品仏 奥沢 世田谷 オンラインショップ 通信販売